三岐鉄道北勢線 ~箱庭の中を走る小さな電車~

三重県北部を走る鉄道路線・三岐鉄道北勢線。線路の幅が762mmと通常よりも狭い「特殊狭軌」といわれる軌間で運行されている日本では珍しい路線だ。また沿線には歴史的な鉄道遺産が数多く現存することも、北勢線の魅力となっている。
狭い線路を走る小さな電車、そして車窓に流れ過ぎる田園風景。100年を超える長い歴史を持つ路線は、ひとときの間、異国を旅行している気分にさせてくれる。
2019年撮影