三陸鉄道「洋風こたつ列車」が運行開始【日刊スポーツ】

岩手県沿岸部の久慈市から大船渡市まで163㌔を結ぶ「三陸鉄道」をPRするため、同社釜石駅駅務係の三浦沙耶さんが2日、東京・築地の日刊スポーツ新聞社を訪れた。
 台風19号によって被災したため、現在は部分運休中。南リアス線の釜石~盛(さかり)間は運行されている。今月14日から1月まで毎週土・日と祝日には、レトロ列車を使った「洋風こたつ列車」を1往復、運行する。「ハイカラさん姿のアテンダントが沿線の観光PRや、地名の由来になった手づくりの紙芝居でおもてなしします」(三浦さん)。ランチのお弁当や沿線のスイーツなどと乗車区間の運賃、座席指定料金がセットで片道約1時間のプチ旅が楽しめる。