東京五輪の鉄道混雑対策2020〜迷列車【中の人編】

2020年東京オリンピック開催期間中は、一日約66万人の観戦客が訪れ、多くの人が鉄道を利用する見込みです。その際、五輪パニックとも称される大混雑に対応するため、東京圏の行政、鉄道事業者が行う対策をご紹介します。通勤ラッシュと重ならないよう、水上バスの社会実験など様々な予行演習が今年から始まっています。
#東京2020 #鉄道 #混雑

迷列車で行こう中の人編のプレイリスト:https://www.youtube.com/playlist?list=PLprI8a9zKd9_wmpzM771vzJszU3fEQR0P

 一部画像はWikipediaから